相続税対策のいろは

相続税対策のポイント

賃貸物件に関する情報

不動産の相続税対策は必要です 

持家やマンションなどは不動産と呼ばれる財産です。それを売却することによって、臨時の収入を得ることができるのです。中には、自身の財産を、孫や子供に相続させたいと考える人もいるでしょう。その時に考えなければならないのが、税金がかかるということです。その相続税対策として、土地全てを短期間に相続するのではなく、何年かに分けて相続することをお勧めします。そして、建物は必ず親の名義にすることです。不動産を相続させるときには必ず、相続税対策として親の名義にすることで節税することができます。

セットバックが必要な不動産物件 

不動産物件の一つに売り土地物件が有ります。売り土地物件は、住宅などを建築する目的で購入をし、その土地に注文住宅で家を建築する事が出来る物件です。売り土地物件を購入する場合は、その土地にセットバックが有るのかどうかを確認した上で購入する事が大切です。住宅の敷地と言うのは道路に面しているもので、道路の中心から2メートル以上離さなければならないと言う決まりが有ります。不動産物件は、道路の際から40センチ後退させて家を建築しなければならないのです。