役立つ不動産担保ローン

不動産担保ローンとは

賃貸物件に関する情報

事業資金は不動産担保ローンで 

不動産担保ローンは、無担保のローンと比べて圧倒的に金利が低く、融資枠も大きく取ることができる点で大きなメリットがあります。また、物件次第に優れた価値がある場合は、審査自体も無担保ローンと比べて通りやすくなるケースもあるため、急にまとまった事業資金が必要になった場合に頼れる存在といえます。この不動産担保ローンは、銀行、クレジット会社、ノンバンクなど多くの会社が手がけており、金利帯や返済方法、最大融資額や決済までの時間など、各社によって大きな違いがありますので、各社の金融商品の違いを踏まえ申し込みしましょう。

不動産担保ローンの仕組み 

不動産担保ローンは、借主が保有する不動産を担保にして資金を借りる有担保型のローンであり、借主自身の信用を担保とするクレジットカードやキャッシングなどのローンに比べ、金融機関も担保がある為に信用リスクが小さい事から、低利で借主の与信を超える額の融資を実行します。又、融資の返済期間も、無担保ローンに比べて長期なケースがほとんどです。しかし、不動産担保ローンの担保物件には、抵当権や根抵当権の設定登記が行われ、返済不履行時には金融機関が不動産を売却し、売却代金から残債を回収します。