不動産と賃貸物件

不動産で賃貸を探す時に

賃貸物件に関する情報

新着情報

不動産屋との交渉で家賃を下げる 

賃貸物件に長年住んでいると家賃が本当に適正かどうか確認する必要があります。なぜならば近隣の地価は絶えず変動しているので、元々契約した段階での家賃が割高になっていることもあるからです。しかし家賃に関しては大家さんから値下げを申し出てくれることは少ないので不動産屋に確認することができます。契約更新日の2ヶ月くらい前に不動産屋に連絡をしておき、該当物件の現在の家賃を聞いておくことができます。もし以前に契約した時よりも安くなっているならば、それを材料にして家賃の値下げ交渉をすることができます。「以前はこの価格だったけれど、現在は~のようですね」と軽く言うだけでも効果があります。

賃貸不動産を探す条件 

賃貸物件は豪華な仕様や広さを求めるのではなく基本的には住めればいいという人もいますが、どんな不動産が適しているのかは借りる人によって異なります。お金に余裕があれば高級物件やデザイナーズ物件も借りることは可能ですが、機能的な面を疎かにはできないと言えます。賃貸物件は分譲物件とは異なり、全てにおいてグレードが低く設定されていますし、機能的で快適な間取りとは程遠い場合があります。住めれば良いという考えで不動産を選ぶ人もいますので、他人の考えを参考にするよりも自分に合った物件を選ぶことが大切です。ライフスタイルは人により異なりますので、基本的には自分の環境で選ぶのです。

不動産,賃貸